Hender Scheme(エンダースキーマ)の「square zip purse(スクエアジップパース)」のアイキャッチ

おはようございます。BokuNobuLog 管理人のノブトヨム(@nobutoyomu)です。

2021年3月31日は財布を買い替えると良い日ということで、買い換えた方も多いんじゃないでしょうか?

僕も前から目星を付けていた Hender Scheme(エンダースキーマ)『square zip purse(スクエアジップパース)』という二つ折り財布を購入したので、レビューしていきます。

スポンサーリンク

Hender Scheme square zip purse

今回、僕が購入した Hender Scheme(エンダースキーマ)『square zip purse(スクエアジップパース)』は、以前購入した『mini purse(ミニパース』と同じブラックカラー。

mini purse の使い心地や素材に満足したので、二つ折り財布も Hender Scheme で揃えることにしました。

mini purse のレビューはこちら。

square zip purse はカバンの中に入れておき、現金やカード類の収納に。mini purse はポケットの中に入れて小銭や定期券の収納と使い分けるよう購入。

まだ使い始めて2週間程度ですが、不便も感じず僕にとってピッタリな構成だなと感じています。

主張が少ないシンプルなデザイン

square zip purse は全体をブラックのレザーで包み、絢爛な柄や装飾もないシンプルな二つ折り財布。

Hender Scheme らしいジェンダーレスなデザインは男女問わず愛用でき、飽きの来ないアイテムに仕上がっています。

デザインのアクセントになっているジップ部分は、引っ掛かりも無く滑らかな使い心地。

ジップに指をかける度、主張が少ないデザインも相まって、自分だけが「良いモノを使っている」と感じられる奥ゆかしさが気に入っています。

柔らかい手触りで独特の風合いのレザー素材

square zip purse はフカフカと柔らかい手触りと、ブラックの淡い色味に独特の風合いを感じる財布です。

素材にはベジタブルタンニン鞣しカーフが使用されており、経年変化によって今後、どのように深みを増していくのか楽しみ。

同じ Hender Scheme の mini purse と比べると、mini purse は艶感もありシックな印象ですが、square zip purse はフワッと柔らかい印象を受けました。

過不足の無い丁度良い収納量

square zip purse はセパレートされた紙幣入れ、小銭入れの他、カードは7枚まで入る丁度良い収納量。

券面が見えて取り出しやすいカードは4枚まで、その他の3枚は券面が見えないようになっているので、身分証や保険証を入れるのに適しています。

頻繁に使うメインのカードと、あまり取り出さない予備のカードで財布の中身を視覚的に整理できる点がオススメ。

長財布だとカード入れは余るけど、普通の二つ折り財布だとカード入れが少し足りないという方には過不足の無い丁度良い収納量だと感じました。

清閑な日々に寄り添う二つ折り財布

主張が少なく、流行に流されないシンプルなデザインの square zip purse は、清閑な日々に寄り添う二つ折り財布だと感じました。

所有欲が満たされる素材と作りの良さは、誰かの言葉に惑わされることもなく、自分の生活の質を密かに確立してくれます。

流行り廃りに悩まされ、自分だけのお気に入りが迷子になっている方は、Hender Scheme のアイテムを見てみてはいかがでしょうか?

それでは、お疲れ様でした。

スポンサーリンク
注目記事