おはようございます。ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

先日、YouTube で適当に動画を流し見していたら「このバンドあんた好きちゃう?」と YouTube がオススメしてきた PEOPLE1 (ピープルワン) というバンド。聞いてみたら、好き過ぎたので、今回は突如として YouTube に現れたバンド PEOPLE1 を紹介していきます。

PEOPLE1 は詳しい情報が公開されていないという不透明性や、結成から1年にも満たないのにも関わらず、振り幅のある楽曲の数々を YouTube にアップロードしており、着実とファンが増えている謎のバンド。

そこで今回は PEOPLE1 というバンドについて現在わかっていること。公開している楽曲について紹介していきます。恐らく今年、彼(もしくは彼ら)が音楽シーンに大きく足跡を残すと思うので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

謎のバンド PEOPLE1 とは?

PEOPLE1 は2019年12月に結成。レーベルは Pollyanna Records です。主な活動場所は YouTube へ楽曲投稿をしており、ライブ活動などの情報はありません。バンド名の PEOPLE1 (ピープルワン) に関連しているのか、各種 SNS のアイコンは犬のイラストが使用されています。

YouTube 発信の PEOPLE1 はバンドメンバーの情報なども無く、情報はバンドの Twitter(@PPP_PEOPLE1) や Instagram(@ppppeople1) のみ。現在わかっているのは Deu という人物が作詞作曲を担当しているということくらいで、YouTube のコメントなどでファンが常に情報を探している印象を受けますね。

音楽界隈ではよく"次世代アーティスト"なんて言葉を使いますが、PEOPLE1 はまさにそれに該当するでしょう。素性を公開せず、楽曲を YouTube に公開するだけという、ネット特有の一方的なコミュニケーションに似た活動内容は僕たちの興味をそそります。

PEOPLE1 の楽曲でコレが必聴

まず1曲目は2020年5月3日に公開された楽曲「フラップニク」を紹介。PEOPLE1 の認知度を特に上げた楽曲で、MV の可愛らしさと随所に見られるパロディにも注目の1曲となっています。

足でリズムを取りたくなるサウンド、取り留めの無い歌詞など、何故かループ再生してしまうような「フラップニク」は再生回数も多く PEOPLE1 の代表曲といっても過言では無いでしょう。

次に紹介するのが「常夜灯」という楽曲です。この楽曲は僕が PEOPLE1 を認知することになった1曲ですが、ついつい MV の可愛らしさに作業を止めて見惚れてしまいました。

「常夜灯」の MV を手掛けたの coalowl(コールアウル)というイラストレーターの方で、PEOPLE1 の躍進と共に彼女の人気もグッと上がりそうな予感がします。coalowl さんの Twitter(@coalowl)では氏の活動情報だけでなく、PEOPLE1 の情報もリツイートされるなど熱心に活動に携わっているようですね。

時代とともに来た新星バンド PEOPLE1 の今後に期待

YouTube のオススメに PEOPLE1 が表示され、僕の耳に流れ込んできたときは驚きました。今では、このレベルの楽曲を探そうとしなくても自動的に見つけてくれる時代なんですね。そんな耳に入ってくる数多の楽曲の中に埋もれず、紹介したい、広めたいと思わせるだけの力を PEOPLE1 が持っていることに僕は素晴らしいバンドだと感じます。

PEOPLE1 の歌詞や活動方法は学生、2,30代の社会人の方には特にウケるバンドではないでしょうか。何か新しいモノを見つけたいと感じている方にオススメです。2020年9月30日には 1st EP を2枚同時リリースするなど、今後も目を離せないバンドですよ。

それでは、お疲れ様でした。

スポンサーリンク
Pick Up!